求人情報「Q-JiN東京」〜アルバイト(バイト)・転職・就職・新卒・パート〜仕事情報サイト
求人情報広告更新日2018/01/16

求人広告 正社員

株式会社 ジェイアール総研情報システム

東京都江戸川区西葛西

この求人情報は求人サイトGreenから提供されています

共済組合システムヘルプデスク

株式会社ジェイアール総研情報システムは、鉄道総研を母体として生まれたシステムインテグレーター。鉄道総研の業務用システムの構築・運用、鉄道技術に関係する調査やシミュレーションを行う科学技術計算を事業の両輪として成長。その過程で新たな分野にも進出し、グループ外の取引先からの案件にも取り組むようになった。その中でも健康保険に関わるのシステム構築が活発化。マイナンバー等、今後の政府による社会保障制度改革でますます伸びしろが期待される分野だ。売上におけるグループ内外の比率はほぼ半々。目指すのは社員の自己実現を支援する会社だ。

求人募集要項
採用職種 将来エンジニアを目指せる【ヘルプデスク・テクニカルサポート】
雇用形態 正社員
募集の背景 これからの大規模な制度改正に向けて、体制を強化するための増員です。
今年度より、新たな業務も増え、プロジェクト全体での規模も大きくなりつつあるため、増員することにより、迅速で確実な対応を可能にしたいと考えています。
求人広告内容

共済組合の短期給付(健康保険)、長期給付(年金)に関するシステムについて、エンドユーザ様からの電話での問合せに対する対応や、データメンテナンスの依頼に基づくデータメンテナンス作業を行っていただきます。

【やりがい】
社会保障は、日常生活では目に触れて意識する機会があまりありませんが、国民の生活を維持していくためには非常に重要な制度です。この制度の一部を担い、人々の生活を支えることになります。
また、直接エンドユーザ様と会話するため、エンドユーザ様から直接感謝されるような言葉を頂けたりするように、反応を感じながら仕事をしていくことができます。

【ゆくゆくは】
ヘルプデスクチームをまとめる存在になっていただきます。
システムエンジニアを志望される方については、ヘルプデスクの仕事をしながらシステム開発について学んでいただき、システム開発エンジニアへ転籍することも可能です。

給与 400万円〜550万円
ご経験・スキルを考慮して決定いたします。
(給与改定年1回、夏季賞与、冬季賞与)
採用資格条件 【必須のスキル・業務経験】
・電話応対(ヘルプデスク等の経験は必要ありません)

【あると好ましい知識】
・健康保険制度に関する知識
・年金制度に関する知識
・レセプト等医療事務に関する知識
・SQLを使用したデータベースアクセス
・データベースの運用経験

【求める人材像】
・社内メンバー、顧客、協力会社との円滑な仕事ができるような、高いコミュニケーション能力をもっている方。
・仕事を与えられるのではなく、自発的に今自分のやるべきことを見出し、取り組める方。
・常に効率を考えて仕事をこなせるように努力をする方。
・計画的に仕事を実践できる方。
・小さな会社のため、本来業務以外の仕事も担うことに抵抗のない方。
・当社の次代を担っていける方。

【過去の途中入社者】
業界:ソフトウェアハウス、SI、製造業
職種:プログラマー、営業、事務サポート
休日 完全週休2日制/土日 、祝日 、年末年始 、有給/入社3ヶ月以降10日〜 慶弔育児・介護休暇 、時間年休取得制度あり
待遇・福利厚生 給与見直し原則年1回 、賞与年2回/7月、12月 、交通費全額支給 、社会保険完備、資格取得支援制度※情報処理資格取得の為のセミナー代補助や合格時の報奨金支給等あり 、住宅手当/月1万5000円、扶養手当/扶養親族1人当り月3000円 ※世帯に限る
勤務地 東京都江戸川区西葛西
交通手段 東京メトロ東西線 西葛西駅 徒歩10分
研修制度/資格について 年に数回、社内セミナーで異なる業務についている社員の業務実績や業務内容を見聞きすることができます。

資格取得については報奨金制度があります。
応募方法 「ご応募はこちらから」ボタンを押していただきますと、green応募フォームに移ります
のでそちらよりご応募ください。

こちらの案件は提携サイトの応募画面にリンクします

株式会社 ジェイアール総研情報システムを取材して

鉄道総研で培った技術力で成長。グループ外の業務も着実に増やす

株式会社ジェイアール総研情報システムは、公益財団法人鉄道総合技術研究所(以下、鉄道総研)の関連会社として生まれたシステムインテグレーターである。

同社の事業は、鉄道総研の情報処理の企画立案・設計・開発ならびに受託処理、情報処理システムの運用・管理・メンテナンスといった情報システム関連の業務と、鉄道技術に関する科学技術計算を両輪として展開されている。
鉄道総研で運用される業務システムは、勤務管理、購買、研究管理といった全業務を統合したビジネスシステムだ。鉄道総研設立時から電子伝票・電子決裁システムを開発・導入された歴史があり、その技術力がそのまま同社の強みとなっている。また、科学技術計算では、山梨リニア実験線でテスト走行を行う車両の空力抵抗や、車輪とレールの摩擦によって発生する騒音のメカニズム、さらにトンネル壁面の応力など鉄道技術に関連した調査・設計・開発・シミュレーションなどを行い、鉄道技術の発展に貢献している。

鉄道総研は1986年、旧国有鉄道の分割民営化に伴い、鉄道技術に関する研究開発を継承するために設立された研究機関だ。そして、旧国鉄時代から培われた技術を活かし、社会全般に向けた事業展開を行うべく1998年に誕生したのが、ジェイアール総研情報システムである。
現在、鉄道総研以外の取引先には、JR系SIer、鉄道関連の土木工事会社といった鉄道分野の企業の他に、国土交通省、東京都、金融系SIerや財団法人などがあり、鉄道総研グループ対その他の取引先の売上比率は、ほぼ同等となっている。
社員数は30名、年商7億円の規模でスタートした同社は、順調に規模を拡大し、2016年現在は、社員数80名、年商12億円の企業へと成長している。

鉄道総研で培った技術力で成長。グループ外の業務も着実に増やす

旧国鉄、鉄道総研を通して培った技術を独自のパッケージ(統合ビジネスアプリケーションや健康保険組合向けアプリケーション、ワークフローエンジンといったビジネスアプリケーションに加え、軌道保守管理システムや運転適性検査処理プログラム、さらには経路探索ライブラリなどがある)に凝縮し、グループ外の企業や団体へカスタマイズして提供する同社。これまでのシステム構築例には、地方自治体における旅費システム、財団法人の事務システム、全国展開する工事会社向け社内システムなどといった大規模システムが存在する。

そのような企業システムの業務の中で最も成長著しいのは、共済組合システムの分野である。もともと鉄道会社系健康保険組合のシステム構築・運用を行っている同社では、金融系SIerとの協業によって、共済組合の短期給付(健康保険)関連システムの設計・開発に携わり、新たな事業の柱へと成長している。マイナンバー制度といった国を挙げての情報提供ネットワークの構築が着々と進行している現在、同分野のニーズはますます高まっていくことが期待されている。


“社員の自己実現を支援する会社”を目指し、充実した環境を整備

安定した経営基盤を背景に、時代のニーズに応えるための新たな動きを着実に進めつつある同社。その動きをさらに活発化させるため、時代を担う人材の採用にも取り組み始めている。

四季折々に美しい表情を見せる環境にあり、安定した経営基盤ゆえにおとなしいイメージを持たれることが多い同社だが、社会全体の構造が劇的な変貌を遂げようとしている現在、ドラスティックな変化を求める声が社内からも湧き上がっている。新しい分野への事業展開もそのような要請から自然発生的に生まれて来た動きだ。
その動きと並行するように、同社では社員の積極性を引き出すべく、社内制度の整備にも取り組んできた。例えば評価制度は、案件ごとに各社員の貢献度を判定して職位や賞与へと反映させる仕組みを導入している。また、プロジェクトへの配属は、随時面談を行い、各自の希望や適性に応じて設定したキャリアプランに基づいて行っている。

同社は残業が月間80時間を越えたら無条件で産業医のカウンセリングを受診させるなど、エンジニアをケアする制度も整備する。

ジェイアール総研情報システムには、失敗を恐れず貪欲に、新たな可能性へとチャンレジできる人材を迎え入れる態勢が既に整っている。

会社情報
会社名 株式会社 ジェイアール総研情報システム
本社所在地 〒186-0001 東京都国立市北1-7-23 国立ビル3F
設立 1998年9月
資本金 2,500万円
事業内容 ■ソリューション
 - システムインテグレーション
 - システムマネジメント
 - 計測 & シミュレーション

■製品
 - ビジネスアプリケーション
 - テクニカルアプリケーション
 - 計測装置

こちらの案件は提携サイトの応募画面にリンクします

閉じる